酒類販売業免許の取得支援専門の行政書士事務所【,酒類販売業免許(一般酒類小売業免許、通信販売酒類小売業免許、酒類卸売業免許)】<神奈川県(横浜市、川崎市)、東京都>

【編集中】契約書・規約作成

契約書・規約作成

「まさか!?」に備え、スムーズなビジネスを実現するリスク対策

(1)転ばぬ先の契約書

画像の説明

経営やビジネスには様々なトラブルやリスクが潜んでいます。
実際にビジネスの現場、特に中小零細企業や個人事業主の方においては
お付き合いの長さや人間関係を重視して、口約束でのビジネスも多く
あります。もちろん、お互いの信頼関係に基づき、円滑にビジネスが
出来ればとても素晴らしいことです。取引がうまく行っている時は問題を感じることも少ないでしょう。だからこそ、万が一の時に備えてきちんとした契約書を取り交わした上でビジネスをすることをお勧めします。

今はインターネット上や書籍から契約書の雛形を入手することは可能です。しかしながら、それらの雛形は一般的なものであり、参考にこそなれ個別のビジネスや取引に対応しているとは言い難いものが大半です。契約書は万が一の場合の証拠にもなるものでなくてはなりません。そして何よりも、きちんとした契約書を用意した上で取引に臨むことは、相手から見ても安心感と信頼感にもつながります。


[check]今現在、結んでいる契約書の内容を今一度確認、理解しておきたい。
[check]新規のビジネスや取引を始める予定があるので、事前に契約書を用意しておきたい。
[check]相手方から契約書を提示されているが、この内容で締結して良いか不安だ。
[check]取引先から契約書の提示を求められたが、特に用意していない。
[check]契約書が無いことで取引先と揉めたことがあるので用意したい。
[check]契約書はあるが、内容が古くなり、今の取引内容に見合っていない。


一つでも思いあたるものがあればお気軽にご相談ください。

(2)規約(会員規約・利用規約)の作成

「新サービスを始めよう!」「会員制サービスを始めたい」「インターネット上でビジネスを展開しよう」新しいアイディアやサービスを考え、形にしていく過程はとても楽しく、充実したものです。

でも、ふと立ち止まって考えていただきたいのです。そのサービスをお客様に利用していただく上で、揉め事になりそうなことはありませんか?料金、解約、個人情報、サービスの中身と範囲は明確に分かりやすく決められていますか?お客様が展開するビジネスやサービスの内容によって、
想定されるトラブルやリスクは変わってきます。


[check]新しいビジネスやサービスを始めたいが、気を付けた方がいいことはあるか?
[check]大まかな規約(ルール)を決めてサービスを開始したが、規模や人数が多くなり、
  クレームやトラブルが増えてきたため、対策を考えたい。


最初に様々なルールを決めることは手間かもしれません。ただ、後々大きな問題になると、より多くの手間と金銭的、精神的な負担になる可能性があります。

弊所では契約書や各種規約の作成とコンサルティングを通じて、お客様の円滑なビジネスをサポートいたします。ビジネスにおけるお困り事、お悩み事、不安がありましたら、お気軽にご相談ください。ご相談は無料です。

弊所では原則、お客様とお会いした上で、詳細の内容をヒアリングさせていただき、お客様だけのオリジナルのビジネス文書を作成しております。ただし、遠方で面談が難しいお客様の場合も、
電話・メールでのお打ち合わせも可能です。

メール・電話による初回相談は無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください!

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional